スペイン語

【スペイン語】受け身表現を徹底解説!se+三人称?ser?

2020年5月9日

スポンサーリンク

疑問に思う人

スペイン語の受け身ってどう表現するの?
2つ形があるって聞いたけど違いは?

こういった方向けです。

筆者はスペインで留学しており、そこでスペイン語を習得しました。

今回はスペイン語の受け身について解説していきます!
この記事を読めば受動態を使いこなせるようになります!

【スペイン語】受け身表現を徹底解説!se+三人称?ser?

今回はこのようなトピックでお話していきます!

ちなみにスペイン語はどのように勉強していますか?こちらの記事で効率的かつ効果的にスペイン語を習得するための勉強法をご紹介しているので、合わせてご覧ください。
>> スペイン語勉強法【独学で中級に!初心者におすすめの方法まとめ】

それではいきましょう!!

SER + 過去分詞

スペイン語 ser

「過去分詞とか現在分詞とか意味分かんないです!」っていう方もいるかもしれません。
めっちゃ簡単に言うと、現在分詞は「今も進んでいる感じ」で過去分詞は「過去の行動による結果」です。
そのため、現在分詞は「~しているところ」と訳されるのに対して、過去分詞は「~される(された状態である)」と訳されます。

・・・難しいですね。
とりあえず例文を見てみましょう!
Estas obras fueron organizadas por un artista mexicano.
(これらの作品は1人のメキシコ人アーティストによって企画された)

ここで大事なポイントを2つ紹介します。

ココがポイント

por + 名詞でこの行為を行った人が示される!


つまりこの文が、受動態でなく能動態ならこの「メキシコ人アーティスト」が主語になりますよね。
能動態なら「メキシコ人アーティスト」が「企画する」となります。

そしてこのpor + 名詞で必ずしも動詞の主体を表す必要はありません。ここは省略可です。

ココがポイント

過去分詞が主語と性数一致する!

「性数一致って何?」と思うかもしれません。
これは「男性名詞、女性名詞、そして単数名詞、複数名詞を主語に合わせる」ということです。

例文ではEstas obras(女性名詞・複数)→organizadasですね。
もし男性名詞が主語ならorganizadosになっています。

「過去分詞の形ってどうやって確認するの?」と思った方がいるかもしれません。
だいたいの動詞は基本形のarの部分を取ってado、erとirの部分を取ってidoなのですが、ponerがpuestoになったり、abrirがabiertoになったりと例外があります。

そこでReverso Textがおすすめです。
ここでは全ての動詞の活用形、現在分詞、過去分詞を確認できます。
アプリ版もありますよ。

スペイン語の翻訳サイトはここにまとめています。

おすすめ
【スペイン語】翻訳アプリ・サイト4選(やばいほど正確)

続きを見る

SE + 三人称単数 or 複数

スペイン語 se 三人称単数

実際スペイン語話者はこっちの方をよく使っています
これは特に話し言葉として使われることが多いです。
その1つの理由として形自体はシンプルだからですね。

いつもse + 三人称動詞です。

三人称単数、複数動詞は簡単に言うと、

三人称単数、複数動詞

三人称単数・・・él,ella,ustedの動詞
三人称複数・・・ellos,ellas,ustedesの動詞

です!

悩んでいる人

三人称単数・複数動詞はわかった!でも、「SE」ってなんなの・・?

これはもうこういう形と覚えるしかないと思います。
SEにはreflexivo(再起動詞)、間接目的語のleがse、impersonal、そしてpasiva(受動態)など様々な文脈で出てきます。

もうなんのこっちゃですよね。
なんとなく「こんな使い方をするんだ」程度で大丈夫です。
とりあえず例文を見てみましょう。

Se buscan actores para una película.
(映画のために俳優が探されている)
俳優(actores)が探される(se buscan)ですね。
ここで主語が複数なので動詞も三人称複数になります。

Se habla español en muchos países.
(スペイン語はたくさんの国で話されている)
スペイン語(español)が話される(se habla)ですね。
ここで主語は単数なので動詞も三人称単数になります。

ここで大切なのはser + 過去分詞のように男性名詞、女性名詞の一致は起こらない点です。
主語が単数か複数かによって動詞は変化するのですが、男性名詞か女性名詞かによっては変化しないということです。

スペイン語でネイティブと話してみたいあなたへ

ところで、英語のオンラインレッスンならたくさんありますが、スペイン語などの他言語のレッスンってなかなかないですよね。あったとしても手が届かない金額だったりします・・。

英語のオンラインレッスン人気No.1のDMM英会話では、スペイン語圏出身の講師を選択すればスペイン語でのレッスンを受けられることを知っていましたか?

24時間レッスンが可能であり、1日1レッスンで月額6,480円です。毎日やれば1回あたり25分のレッスンが200円ほどで受けられちゃいます。

しかも今なら初月50%の特典を受けられるので1回あたり100円です・・!
これは衝撃的な価格ですよね。

さらに無料で25分の体験レッスンを2回受けられるので最高ですね。

>> DMM公式サイトへアクセスする

※いつでも自由に解約できます。
※無料で2回の体験レッスンが受けられます。

スペイン語の受け身は構文ごと覚えてください

いかがでしたでしょうか?

これを使いこなすにはたくさんの例文に触れて感覚的に覚えていくことが一番です。
ただ、se + 三人称単数or複数の方が圧倒的に使われていることは覚えておいてください。

アジャノブログでは他にもスペイン語に関する情報を多く発信しています。

ちなみにスペイン語はどのように勉強していますか?こちらの記事で効率的かつ効果的にスペイン語を習得するための勉強法をご紹介しているので、合わせてご覧ください。

おすすめ
スペイン語勉強法【独学で中級に!初心者におすすめの方法まとめ】

続きを見る

それでは、最高のスペイン語ライフを!

こちらの記事もよく読まれています!

-スペイン語
-

© 2021 アジャノブログ