スペイン語

【2021年版】スペイン語おすすめの単語帳(初心者、中級、上級別)

2020年4月18日

スポンサーリンク

疑問に思う人

スペイン語でおすすめの単語帳を知りたい!

こういった方向けです!
本記事では、スペイン語でおすすめの単語帳を初心者、中級者、上級者とレベル別に徹底解説しました。本当におすすめの良書だけ紹介します!

筆者はスペイン語、フランス語、英語、アラビア語を話します。
日常生活で必要となってくる単語は熟知しているので、この言語経験をもとにお話します。

【2021年版】スペイン語おすすめの単語帳(初心者、中級、上級別)

今回はこのような順番でご紹介していきます!

記事の最後で、単語帳を効率的かつ効果的に利用する方法をご紹介しているのでそちらも合わせてご覧ください。

それぞれの単語帳の強みや用途をどこよりも詳しくご紹介しています!
それではいきましょう!!

初心者向けの単語帳

まずはスペイン語初心者の方におすすめの単語帳をご紹介していきます!
初めての方に向けた単語帳は多く出版されているので、どれを選べばいいか迷われる方は多いと思います。

この2つを組み合わせれば、ロケットスタートを切ることができる」という単語帳があるので詳しくご紹介します!

CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳

私はスペイン語、フランス語、アラビア語でこの単語帳を使っており、毎回お世話になっている単語帳です。
これは、殿堂入りレベルの良書です。

この本のおすすめポイントはこちら!

ポイント

  • 単語がテーマごとにしっかりと分けられている
  • 本当に必要な単語が無駄なくコンパクトにまとめられている
  • 日常生活ですぐ使える秀逸な例文が豊富にある

この本の良さを一言で言うと、しっかりとスペイン語の世界を切り開いてくれる良書です。

まず単語が「旅行」「スポーツ」「買い物」「病院」などなど、テーマ別に分けられています
学習したいシーンを重点的に学べば、関連付けながら効率的に語彙を増やすことができます。
単語を無作為に羅列している単語帳も多いですが、それだと記憶が繋がらず、なかなか覚えられません。

本書では、初心者に必要な単語は網羅してあると思います。
冗長な説明や無駄な単語がなく、コンパクトでありながらもしっかりと要点がまとめられています。
レイアウトも見やすく、初めての方も取り組みやすいです。

例文は、実際に日常生活で使えそうなものばかりで、本当に実用的です。

CDの質も良く、音声が聞き取りやすいです。

このように、シンプルかつしっかりと要点を抑えているため、初めての方も挫折しにくい良書です。

ゼロからスタートスペイン語単語BASIC1000

created by Rinker
Jリサーチ出版
¥1,320 (2021/10/29 00:21:37時点 Amazon調べ-詳細)

「わかりやすい」と定評のある「ゼロからスタート」シリーズのスペイン語版です。
先程紹介した『これなら覚えられる!スペイン語単語帳』の次の一冊として最適な本です。

この本のおすすめポイントを紹介します。

おすすめポイント

  • テーマ別・品詞別に重要語を紹介している
  • CDの質が高く、例文も読み上げてくれる
  • DELEの試験対策にもなる

この本を一言で表すと、スペイン語の語彙力を底上げすることができる本です!

こちらの単語帳も「家族」「建物」「学校」というようにテーマ別に単語が紹介されています。
更に動詞、形容詞など品詞別に重要語を紹介しているので、体系的に単語を学ぶことができます!


また、CDの質も高いです。
単語だけでなく、例文も読み上げてくれるので会話のイントネーションも掴むことができます。発音に関しては、カタカナで読み方が書いてあるので、完全初心者の方でもすぐイメージを掴むことが可能です。

そして、DELEのA1とA2の単語にも対応しています。
そのため、スペイン語検定に興味のある方や大学の第二外国語としてスペイン語を始める方にもおすすめです。

ちなみに本書は、2020年に出版した最新の単語帳です。これにより、中級を目指して大きくステップアップが可能です。

この2冊をやればスペイン語初心者は卒業です!

多くの単語帳に手を出しすぎると、一冊一冊が疎かになってしまうので、良書を1冊ずつ極めていくことが大切です。

他に有名な単語帳としては『キクタン』がありますが、
・例文が少なくフォーマルで堅めのものが多いので、日常会話でのイメージが掴みにくいこと
・CDの音声が速すぎる + 例文の音声が収録されていないこと
などの理由からあまりおすすめできません。

単語帳は最終的には好みの問題になると思いますが、上で挙げた点はやはり初心者としては困るポイントだと感じます。

とりあえずはこの2つの単語帳で十分です!先を見据えて、中級の参考書を知っておきたい方は次にお進みください。

中級者向けの単語帳

続いては、スペイン語中級者向けの単語帳です。
初心者に向けた単語帳は数多くあるのですが、中級からは一気に単語帳の選択肢が少なくなると思います。

今回はスペイン語力をステップアップのに最適な2冊があるので、そちらをご紹介します!

暮らしのスペイン語単語8000

まずご紹介するのはこちらの単語帳。
スペイン語単語帳の中でも定番のものです。スペイン語学習者の方はもちろん、スペイン語圏へ出張や旅行で行く方も愛用する単語帳です。

この本のおすすめポイントはこちらです!

おすすめポイント

  • 幅広いテーマに分けた例文が書かれている
  • 8000語もの圧倒的な数の単語が網羅されている
  • 動詞の活用表がある

この本を一言で表すと、「生きたスペイン語」に焦点を置き、スペイン語力を底上げできる本です。

まずこの単語帳は「暮らしの現場」をテーマに日常で使う多様な場面の単語をカバーしています。
単語や例文は生活に密着したものばかりで、「生きたスペイン語」を学ぶことができます。
トピック別に分けられているということで、単語を関連付けやすく、記憶に残りやすいです。

そしてこの単語の最大の特徴は圧倒的な単語収録数です。
初級から上級まで8000もの単語を収録しています。専門的な単語もかなりカバーされており、本格的な学習にも向いています。

更に、頻出動詞の活用表もあります。
スペイン語の動詞活用は文法でも一番の肝なので、とても助かります。

このように、「生きたスペイン語」により会話力や表現力を一気に高めることができるのでおすすめです。

スペ単!―頻度で選んだスペイン語単語集

次にご紹介するのは、「覚えやすさ」に重点を置いた単語帳です。
試験対策としても定評のある本です。

この本のおすすめポイントはこちらです!

おすすめポイント

  • 頻出度別&シチュエーション別に単語が載っている
  • 練習問題が豊富
  • 5000語以上もの単語が収録されている
  • DELE試験対策にも最適

この本を一言で表すと、様々な用途で活用できる万能書です。
というのも、日常会話での実用性としても試験対策としても大いに活用できちゃいます!

まず、単語がシチュエーション別に分けられています。
しかも、その中で基本語彙と発展語彙が分けられており、必要な語彙を優先的に覚えていくことができます

また、練習問題が豊富に載っているのも強みです。新出単語を忘れないための工夫がされています。

5000語以上もの単語が収録されているのも魅力です。
先程も述べたように、発展語彙を見ていけば上級レベルでも十分対応することができます。

さらに、DELEなど試験対策としても活用できます!
幅広い単語がカバーされているのに加え、問題も秀逸なのでB1~B2くらいまで対応可能です。

このように、試験対策として使えたり語彙力を一気に上げるときにも使えたりと幅広く活用できるので、おすすめです。

上級者向けの単語帳

最後はスペイン語上級者向けの単語帳です。
悲報ですが、上級者向けとなると、ほとんど本が出ていません。

数少ない上級向けの単語帳を一通り見たのですが、正直良書はありませんでした・・。

しかし、安心してください!
実は、単語帳の機能も兼ね備えた素晴らしい辞書があるんです!

やはり、上級に来てスペイン語を更に極めていくために辞書は必須と言えます。
今回はおすすめの辞書を2つご紹介します!

プログレッシブ スペイン語辞典

スペイン語辞書と言えばこれ!」というほどのロングセラーです。(Amazonではスペイン語関係全体でベストセラーです)

この本のおすすめポイントはこちらです!

おすすめポイント

  • とにかく便利!引きやすいし使いやすい
  • 例文が充実している
  • 「旅行会話」「動詞変化表」など付録が親切
  • コンパクトで持ち運びやすい+デザインもおしゃれ

この本の良さを一言で言うと、辞書なのにとにかく親しみやすく便利な良書です。

やはり「辞書」って聞くとどうしてもとっつきにくいイメージがありますよね。
しかし、この辞書は本当に親しみやすいです。例えば、見出し語と和訳の部分に色が塗ってあって、レイアウトにおいて見えやすいための工夫がされています。そして、辞書自体コンパクトでデザインもおしゃれなので、持ち運びやすいです。

更に付録もとても豊富です。
というのも、「旅行会話」や「動詞活用表」、「文法用語の解説」など読者が欲しい情報がピンポイントで載っており、至れり尽くせりです。
巻頭にはスペイン語圏の観光名所や文化などが写真付きで紹介されており、眺めるだけでワクワクします。

収録単語としては、コンパクトでありながらも主要単語は幅広く網羅しており、上級レベルの単語にも十分対応しています。かなりマニアックな単語や専門的な単語以外は対応していると考えて差し支えないでしょう。
例文も充実しているのでどのような文脈で使われるのかしっかり把握できますし、もちろん発音記号も載っています。

このように辞書に少し抵抗がある方でも楽しみながら勉強を進めることができるので、初めてのスペイン語辞書にぴったりです。

現代スペイン語辞典

created by Rinker
¥4,400 (2021/10/29 05:33:36時点 Amazon調べ-詳細)

続いては、

この本のおすすめポイントはこちらです!

おすすめポイント

  • 例文の質が秀逸で多様な言い回しをしっかりと抑えられる
  • 語彙の解説がとても丁寧で体系的に学べる
  • 46500語もの単語を収録しており、上級レベルはもちろん専門用語にもある程度対応している

この本の良さを一言で言うと、「これ1冊で大丈夫!」と言うほど網羅されたスペイン語辞書です。

辞書に抵抗がない方はこちらの辞書を使うことをおすすめします。
というのも、こちらは先程紹介した「プログレッシブ スペイン語辞典」の2倍近くもの単語数が収録されており、圧倒的な情報量です。それでありながら無駄な説明はなくピンポイントで要点を抑えています。

そしてこの本の大きな強みは、例文の質が秀逸だということです。
1つの単語でも様々な意味を持っており、多様なシーンで使いますよね。本書では、イディオム等を含め多様な言い回しが的確に紹介されているため、圧倒的な表現力を身につけることができます。

更に語彙の解説も丁寧で充実しています
例えば、どの前置詞とセットになるのかが記載されていて、その単語の使い方を体系的に学ぶことができます。

このようにコンテンツが圧倒的に充実しているので、確固としたスペイン語力を身につけることができます

単語帳を使う際に気を付けるべきこと

外国語の学習では「単語帳はいらない」という人が一定数いますよね。そして、それはたしかに一理あると思います。

というのも、他のアプローチとして物語などの文中に出てきた単語をその都度覚えていくというものがあります。
この場合、ストーリーと単語を関連付けることができるので、より記憶に残りやすかったりシます。

ただ、その一方で単語帳にももちろん強みがあります。
それは、シーンごとに必要な頻出単語をリスト化してくれているので、効率よく学習できるというメリットです。

単語帳の強みと弱みが見えてきましたね。
まとめると以下です。

  • 単語帳のメリット・・・テーマやシーンごとに必要な単語を効率よく学習できる
  • 単語帳のデメリット・・・単語帳によっては他の勉強法よりも記憶に残りにくいことがある

では、この「記憶に残りにくい」というデメリットを克服することはできるでしょうか?

活用方法に気を付ければもちろん可能です!
そこで、単語帳の効率的で効果的な使い方を簡単にご紹介します!

※ちなみにスペイン語はどのように勉強していますか?こちらの記事で効率的かつ効果的にスペイン語を習得するための勉強法をご紹介しているので、合わせてご覧ください。

>> スペイン語勉強法【独学で中級に!初心者におすすめの方法まとめ】

単語帳の効率的で効果的な使い方

それでは、単語帳の使い方で最も大切な部分を2つご紹介します!
この2つのポイントを意識するだけでも変わると思うので、ぜひご覧ください。

ポイント1

CDを必ず聞き、例文を声に出して読む!

まずCDを必ず聞き、例文を声に出して読んでください

当たり前に聞こえるかもしれません。
しかし、例文は飛ばして、ただ単語を眺めるだけという人も多いと思います。

それだと関連付けて覚えることができず、記憶にも残りづらいですしどのような場面で使われるのかわかりません。
単語だけを見て覚えることができれば時間短縮になると思うかもしれませんが、しっかりと身に付いていないと後々どうしても「この単語どんな意味だっけ・・」と何度確認してもなかなか覚えられないという事態になりがちです。

そのため、結局は例文をしっかり読んだほうが効率がいいです。


また、同じような理由でCDもしっかり聞いて声に出して読むのが理想です。自分でしっかりと発音できる単語はほとんどの場合聞き取れますよね。
声に出して読むことで、耳と口をしっかりと使うので脳の記憶にも残りやすいです。

このような理由で、CDを聞く → 声に出して読むというプロセスを踏むと、徐々に学ぶ単語が自分のものとなります

ポイント2

日本語訳にこだわりすぎない!

疑問に思う人

日本語訳がないと覚えられなくない・・・?

と思われたかもしれません。

多くの人は『スペイン語を読む→日本語に訳す→内容を理解する』というステップを踏んでいると思います。

しかし、それだとどうしてもタイムラグが生じてしまいます。

例えばリスニングで、
「聞こえてきた内容を日本語に脳内変換しているうちに、その後の会話を聞き逃してしまった・・・」
という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?
リーディングでも、読みながら脳内で逐一和訳しているとスラスラ読むのは難しいですよね。

じゃあどうすればいいのかと言うと、理想は「スペイン語をスペイン語のまま理解する」ことです。

「ネイティブじゃないと無理!」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
これからスペイン語の単語や例文を見たらその状況をイメージするようにしていただきたいです。

例えば、『el coche』という単語を見て何を思い浮かべますか?
この時、「車」というに日本語ではなく、下の画像のような「車のイメージ」を想像するようにしてください。

これから文章を読んだり単語を覚える際は、一字一句和訳してしまいそうなのをグッとこらえて読み取った内容や聞き取った内容を脳内で映像化する癖をつけてみてください。

これが習慣化できると一気にスペイン語力が何倍にもなります

この点において理想的な単語帳は、単語のイラストが載っているものですね。
とはいえ、そのようなものはなかなか出ていません。そのため、日本語を意識しすぎず単語とイメージを関連付けるようにしてみてください。

どの語学でも応用可能なとてもおすすめの方法です。

まとめ:スペイン語単語帳で効率よく学習しよう!

いかがでしたか?

スペイン語でおすすめの単語帳を初心者、中級者、上級者別にご紹介しました!

単語帳は使い方に気をつければ、効率的に学習することができます!

本記事で紹介した単語帳を使えば飛躍的に語彙力を伸ばすことができると思います。
初心者の方はこれらの単語帳でロケットスタートを切ることも可能です!

スペイン語は最初は覚えることが多いため、大変かもしれません。
しかし、発音は日本語にも近いので、基礎をしっかり固めればあとはスムーズに上達することができると思います。

スペイン語力を更に高めていきましょう!!

ちなみにスペイン語はどのように勉強していますか?こちらの記事で効率的かつ効果的にスペイン語を習得するための勉強法をご紹介しているので、合わせてご覧ください。

おすすめ
スペイン語勉強法【独学で中級に!初心者におすすめの方法まとめ】

続きを見る

今日も読んでくださりありがとうございます!

こちらの記事もよく読まれています!

-スペイン語
-,

© 2021 アジャノブログ