藤井風 何なんw

邦楽

【藤井風/何なんw】デビュー曲の歌詞の意味を解説!ハイヤーセルフ?

2020年5月26日

スポンサーリンク

疑問に思う人

藤井風の『何なんw』このデビュー曲最高!この曲はどんなメッセージを含んでいるのか改めて知りたい!

そう思ったあなた!
この記事を読めばこの詩の魅力がさらにわかります!

オラ!アジャノです!
普段は音楽の記事を書いています。

今回は衝撃のデビュー曲「何なんw」に込められたメッセージを徹底解説&考察します!
前回の【藤井風】罪の香り (歌詞に込められたメッセージ徹底解説&考察)に引き続き、第三弾です!

藤井風初のワンマンライブ『NAN-NAN SHOW 2020』Blu-rayが遂にリリースされました!


それではいきましょう!!

【藤井風/何なんw】デビュー曲の歌詞の意味を解説!ハイヤーセルフ?

今回は、彼が何なんwを解説する動画を出しているのでそれを参考に見ていきます!
それがこちら ↓

時間がない方のために要約すると、
「何なんwは一人一人の内に存在するハイヤーセルフを探そうとする歌。
ハイヤーセルフとは、神様や天使・ヒーローに近いもので、エゴや嫉妬とは無縁の存在。全ては愛。
そのハイヤーセルフが自分に人生において正しい道に進むように説教したり嘆願する。」

と言っていました。
「んー・・理解できたような、できてないような・・・」
という方のために補足説明をします!

まず、ハイヤーセルフとは何なのか?
*この曲はハイヤーセルフは何かを知らないとわからないと思うので少し詳しく説明します。これから少しその説明が続きますので、「完璧にわかるよ!」という方は歌詞まで読み飛ばしてもらって大丈夫です。

これはスピリチュアルな話をする時によく出てくる単語ですね。
ハイヤーセルフを本当に簡単に言うと、「完璧なもう1人のあなた」です。
英語にするとhigher self、つまりあなたより高い視点にいるあなたです。

このもう1人のあなた(ハイヤーセルフ)は、あなたのことを誰よりも知っていて愛していて幸せにしようと導いてくれます

しかし、あなた自身は時としてハイヤーセルフの助言に耳を貸そうとしません。
なぜなら、自分の本音を知って認めることが怖いからです。

このハイヤーセルフはミュージックビデオでは白い服を来た男の人です。
そして、このビデオの初めに風君が瞑想していますよね。
ハイヤーセルフは瞑想をすることで繋がることができると言われています。
そのため、ここでハイヤーセルフと繋がるということを暗示しているのだと思います。

「スピリチュアルすぎてわからん・・・」と思った方もいるかも知れません。
でも誰にでもハイヤーセルフの体験はある気がします。

例えば、
この人といても幸せになれないことは、心の底ではわかっているのに、気付かないフリをして一緒にいようとする時。

この時、ハイヤーセルフが「この人といても幸せになれないよ」と語りかけてくれているのかもしれません。

ハイヤーセルフがどんなものか理解できたでしょうか?
それでは前置きが長くなりましたが、いよいよ歌詞を詳しく見ていきましょう!

セルフライナーノーツ(彼の曲の解説)でも言っていましたが、この歌詞の前提として、ハイヤーセルフがダメな自分に岡山弁全開で語りかけています笑

つまり、歌詞はハイヤーセルフの気持ちや言葉です!
それではいきます!

何なんw 1番

あんたのその歯にはさがった青さ粉に
ふれるべきか否かで少し悩んでる
口にしない方がいい真実もあるから

何なんw/藤井風

解説:はさがったは、方言で「はさかった」です。
青さは、味噌汁などの具材に使われるものですね。
味噌汁を飲んだ時の青さが歯に張り付いているのでしょう笑

これを真面目に考察すると、この状態は恥ずかしいことですよね。
常に「わたし or わし(以下わたし)」の気持ちを1番に考えるハイヤーセルフは、「口にしないほうがいい真実」かどうかをちゃんと考えてくれています

知らない方が良かったなんて言わないで居て
何があってもずっと大好きなのに
どんなときも ここにいるのに
近すぎて 見えなくて ムシされて

何なんw/藤井風

解説:ハイヤーセルフは悩んだ末、「わたし」に真実を教えました。
すると、「わたし」は「知らない方が良かった」と言い放ちます。

それを受けてハイヤーセルフは「そんな事言わないで~」と。
どんな時も「わたし」の側にいる味方ですが、心の中にいるので近すぎて見えない存在。
また、「わたし」はあまり耳を貸そうとしないので無視もされます。

雨の中一人行くあんた
心の中でささやくのよ そっちに行ってはダメと
聞かないフリ続けるあんた
勢いにまかせて 肥溜めへとダイブ

何なんw/藤井風

解説ハイヤーセルフは、「わたし」がどうすれば幸せになるかわかっています
そのため、「「わたし」が幸せになるにはそっちの道じゃない!」と諭します。

しかし、「わたし」は聞こえているけど無視をし続けます
真実を知るのが怖いためです。

そして、わざわざ「わたし」は最悪の選択肢に飛び込みます

肥溜めとは、肥料にする糞尿を腐らすためにためておく所のことです笑

それは何なん
先がけてワシは言うたが
それならば何なん
何で何も聞いてくれんかったん
その顔は何なんw
花咲く町の角誓った
あの時の笑顔は何なん
あの時の涙は何じゃったん

何なんw/藤井風

解説:ここはハイヤーセルフが「あれだけ忠告したのに何で聞いてくれんかったん?!」と「わたし」にツッコミを入れる場面ですね。


前にもこういう出来事があったとサビの下の3行でわかります。
ハイヤーセルフの言うことを無視して最悪な選択肢を選んでしまった「わたし」は泣きながら「次からはちゃんとハイヤーセルフの言うことを聞く」と誓い、笑顔で抱擁したシーンが浮かびます。

何なんw 2番~大サビ

たまには大胆に攻めたら良い
時には慎重に歩めば良い
真実なんてもんはとっくのとうに
知っていることを知らないだけでしょう

何なんw/藤井風

解説:ハイヤーセルフは「わたし」の事を第一に考えて「焦らなくても大丈夫だよ」と言ってくれます。

そして、真実なんて本当はもうとっくに知っている
なぜか?

本当はハイヤーセルフの答えが聞こえているからですね。
「わたし」はハイヤーセルフのおかげでどうすれば幸せになれるか知っているのに真実を知るのが怖いから聞こえないフリをします。

あれほど刻んだ後悔も
くり返す毎日の中で かき消されていくのね
真っさらになった決意を胸に
あんたは堂々と また肥溜めへとダイブ

何なんw/藤井風

解説:あれほど刻んだ後悔。サビで出ていましたね。
泣きながら「次からはちゃんとハイヤーセルフの言葉を聞く!」と誓いました。

しかし、また月日が経つと「わたし」はその事を忘れてしまいます
そして完全に忘れてしまった「わたし」はまたハイヤーセルフの忠告を無視して再度最悪な選択肢に意気揚々と飛び込みます笑

ここの歌詞は改めて聞くとめっちゃ面白いと思いました笑
ハイヤーセルフの苦悩がうかがえます・・・笑

神様たすけて、やばめ やばめ やばめ やばめ
足元照らして、やばめ やばめ やばめ やばめ

解説:また最悪な選択肢を選んでしまった「わたし」は神様に助けを求めます。

そして「足元照らして」というのは、もう自分がどこにいるのかわからず、フラフラさまよっている様子を表しています。

目を閉じてみて 心の耳すまして 優しい気持ちで
答えを聴いて もう歌わせないで
裏切りのブルース バラベラン べべ ルベラン バラベラン ババランバ

何なんw/藤井風

解説ここで「わたし」にハイヤーセルフが優しく語りかけます。
心の耳をすましてハイヤーセルフの声を聞いてほしい。と。
そして「何回も言わせないで、そろそろ気付いて・・・!」と訴えかけます。

「やっと気付いたくれるかな・・?」と思ったのも束の間。

また「わたし」は同じ失敗を繰り返します笑
そしてハイヤーセルフは「裏切りのブルース」を歌います。

ご存知の方も多いと思いますが、ブルースというのは音楽ジャンルの1つで、孤独や悲しみを表現する音楽として誕生しました。
つまり、期待を裏切られたハイヤーセルフが孤独のブルースを歌っているのです。

何なんw、かっこよくて奥が深い最高のデビュー曲!

いかがでしたでしょうか?

ハイヤーセルフの声を聞こうとしない自分。。
これって高度でありながら身近な内容ですよね。

「本当はなりたい職業があって、そっちの方が幸せだとわかっているけど、違う道へ進む」など・・。
自分に嘘をつく時って、ありますよね。

この心の奥の本当の気持ちこそが、ハイヤーセルフなのかもしれません

あなたのハイヤーセルフを探してみてください

5月20日藤井風カバー集『HELP EVER HURT COVER』が復刻リリース!

created by Rinker
¥2,500 (2021/07/27 13:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

『NAN-NAN SHOW 2020』DVD & 『HELP EVER HURT NEVER』アルバムはこちらから!

created by Rinker
¥17,800 (2021/07/26 22:21:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,614 (2021/07/26 21:57:17時点 Amazon調べ-詳細)

『何なんw』MV徹底解説&考察はコチラ!

おすすめ
藤井風 何なんw MV
藤井風【何なんw】MVを徹底考察!人間の魅力を見事に描いている

続きを見る

今日も読んでいただきありがとうございます!

こちらの記事もよく読まれています!

-邦楽
-,

© 2021 アジャノブログ