フランス語

【フランス語】愛してるの表現や私もなどの返事(カタカナの発音あり)

スポンサーリンク

疑問に思う人

フランス語で「愛してる」はどうやって言うの!?

こういった方向けです。
本記事では、フランス語の「愛してる」や「恋しい」の表現や「私も」などの返事など、恋人同士でよく使われる表現を詳しく紹介しました。
さらに、家族や友達に使える表現や、ハグやキスにまつわる表現も紹介しています!

カジュアルな表現からロマンチックで詩的な表現まで幅広く解説しているので、この記事を読むだけでシチュエーションごとのフランス語表現が完璧にわかります!

私はフランス語を独学で習得し、スペイン語などのロマンス諸語は熟知しています。この言語経験をもとにお話します。

【フランス語】愛してるの表現や私もなどの返事(カタカナの発音あり)

今回はこのようなトピックでご紹介していきます!

それではいきましょう!!

「愛してる」の基本表現

まずは、基本的な「愛してる」の表現をご紹介していきます!

定番表現はもちろん、詩的な表現もご紹介しています。
それでは早速いきましょう!

愛してる

Je t'aime(ジュ テーム)

「愛してる」の最も一般的な表現の一つです。

「aime」の基本形『aimer』は、「愛する」という意味の動詞です。

ちなみに、『bien』を付けて「Je t'aime bien」と聞くと、より強い思いがあるように見えますが、実は「(友達として)気に入ってる」という意味となり、「Je t'aime」よりも好きな度合いが下がります。

「Je t'aime」に様々な言葉を付け加えることで強調したりすることができます。
いくつかその表現をご紹介します。

Je t'aimeの表現まとめ

  • Je t'aime beaucoup・・・たくさん愛してる
  • Je t'aime pour toujours・・・いつも愛してる
  • Je t’aime de toute mon âme・・・魂から愛してる
  • Je t'aime passionnément・・・情熱的に愛してる
  • Je t’aime à la folie・・・狂ったように愛してる

これらの表現を受けて、「私も」と言いたい時は以下の表現を使いましょう。
Moi aussi(モア オウシ)

英語の「Me too」と同じ表現です。とても簡単ですね。

日に日に愛してる

Je t'aime chaque jour davantage(ジュ テーム シャック ジュール ダボンタージュ)

続いては、日を重ねるごとに好きの度合いが増していることを伝える表現です。

davantage』は「もっと・さらに」という意味です。
chaque jour』は「日に日に」という意味で英語の「each day」に当たります。

同じ『jour』という単語が出てくる表現として、以下のものがあります。
Je t’aime plus que le jour(太陽よりもあなたを愛してる)

最初の文では、『jour』は「日」という意味ですが、こちらの文では「太陽」を表します。

愛してる

Je t'adore(ジュ タドーァ)

『Je t'aime』よりも更に強い思いを伝えたい場合はこちらの表現が使えます。

「adore」の基本形『adorer』は、「こよなく愛する」という意味の動詞です。

「adorer」と「aimer」は、どちらも「愛する」という意味ですが、「adorer」の方が好きの度合いが強いです。

あなたに恋している

Je suis amoureux/amoureuse de toi(ジュ スイ アムグ/アムグーズ ドゥ トワ)

こちらは動詞ではなく、形容詞を使った表現です。

amoureux/amoureuse』は「愛してる」という意味の形容詞です。
男性が主語の場合は「amoureux」、女性が主語の場合は「amoureuse」を使います。

君は運命の人だ

T’es l’amour de ma vie(テ ラムゥー ドゥ マ ビ)

こちらは、フランスならではのロマンチックな表現です。

l'amour de ma vie』は直訳すると「私の人生の愛」つまり「運命の人」ということになります。
英語だと「love of my life」がそれに当たります。

私はあなたにぞっこんです

Je suis fou amoureux de toi(ジュ スイ フ アムグ ドゥ トワ)

fou』は「クレイジー」という意味です。
そのため、「狂うほど愛してる」というかなり強めの表現になります。「ぞっこん」と言い換えることもできます。

あなたを思うと心臓がドキドキします

Mon coeur bat la chamade pour toi(モン クゥー バ ラ シャマドゥ ポゥー トワ)

詩的な表現が好きな方におすすめの文です。

「bat」の基本形『battre』は「打つ・叩く」という意味で、『chamade』は「高鳴る」という意味です。
そのため、「Mon coeur bat la chamade」と言うと、「心臓が高鳴り打つ=どきどきする」となります。

「恋しい」の表現

次に、「恋しい」に当たる表現をご紹介していきます!

英語で言うと、「I miss you」です!
「寂しい」や「恋しい」の表現はフランスではとてもよく使われるので、ぜひ覚えておきましょう!

あなたが恋しい

Tu me manques(トゥ ム モンク)

あなたがいなくて寂しいよ」というニュアンスです。

直訳すると「あなたは私を寂しくさせる」となります。

英語だと「I miss you」がそれに当たるのですが、1つ注意したいことがあります。
それは、英語だと「私」が主語になっているのに対して、フランス語では「あなた」が主語になっているという点です。

あなたに会うのが待ちきれない

Je suis impatient(e) de te voir(ジュ スイ アンパシオント(ゥ) ドゥ トゥ ブワーッ)

同じ意味の表現として、以下の言い回しもあります。
J’ai hâte de te revoir
J’ai hâte que tu reviennes

J'ai hâte de~』で「~するのが待ちきれない」という意味になります。

気に入ってる / 片思いしている

J’ai le béguin pour toi(ジェ ル ベガン ポール トワ)

こちらは日本語だと少しイメージがしづらい表現かもしれません。
béguin』は「熱」という意味です。

そのため、この文を直訳すると「私はあなたに対して熱を持っている」になります。
これが転じて片思いや好意を抱いているという意味になるのですね。

英語だと「I have a crush on you」に当たります。

ハグとキスにまつわる表現(家族や友達にも使える)

続いては、愛に関連してハグやキスにまつわる表現をご紹介していきます!

フランスでは、友達や家族間でも挨拶としてキスをします
しかし、これらは恋愛感情が込められたものではなく、社交上のものです。

キスと言っても唇と唇を合わせるのではなく、相手の頬と自分の頬をくっつけながら「チュッ」と口で鳴らすことで挨拶をします。

これからご紹介する表現は、恋人同士だけでなく、友達同士でも使われる表現です。(ただし、男同士では使われません)

キス

Bisous(ビス)

こちらは別れの挨拶「じゃあね」の代わりに使われることが多いです。

また、手紙やメールの結びの言葉としてもよく使われます。

強調して「Gros bisous(大きなキス)」と言ったりもします。

ちなみに複数形は『Bises』となります。

ハグ

Je t’embrasse(ジュ トンブラス)

こちらの表現も電話を切る時や、手紙やメールの結び言葉としてよく使われる表現です。

直訳すると「あなたをハグする」です。

恋人間でこの表現を使う場合は、以下のように強調して他と差をつけることが多いです。
Je t’embrasse très fort

très fort』は「とても強く」という意味です。

恋人間でよく使われる表現

最後に、恋人同士でよく使われる頻出表現をご紹介します!
これらはフランスの映画やドラマでもよく出てくる頻出フレーズなので、覚えておくと理解が深まります。

それでは早速ご紹介していきます!

一目惚れした

J’ai eu un coup de foudre(ジェ ウ アン ク ドゥ フードゥル)

coup de foudre』は「一目惚れ」という意味の慣用句です。
「un coup」は「一撃」で「foudre」は「雷」という意味なので、「雷に打たれたような衝撃」と覚えておいてください。

良かったら一緒に遊びに行かない?

Est-ce que tu veux sortir avec moi?(エスク トゥ ブ ソフティー アベック モア)

こちらはお誘いの際によく使われるフレーズです。

フランス語では、通常の肯定文に『Est-ce que』を付けるだけで疑問文にすることができます。

sortir』は「出る・外出する」という意味の動詞です。

君と夕食を食べに行きたい

J’aimerais t’inviter à dîner(ジェムゲ タンビテ ア ディネ)

こちらも相手を誘う際に使われるフレーズです。

inviter』は「招待する」、『dîner』は「夕食をとる」という意味の動詞です。

あなたともっと多くの時間を過ごしたい

J’aimerais passer plus de temps avec toi(ジェムゲ パセ プルス ドゥ トン アベック トワ)

恋人と出かけた帰りや、なかなか予定が合わず会えていない時などにもよく使われる表現です。

passer』は「過ごす」という意味の動詞です。
plus de』は「~より多い」という意味で、比較級の表現です。

あなたは私の理想の男性/女性だ

Tu es l’homme/la femme de mes rêves(トゥ エ ロム/ラ ファム ドゥ メ レブ)

フランス語の中でも屈指のロマンチックな表現です。

rêve』は「夢」という意味で、寝る時に見る夢も理想や願望の夢もこちらの単語を使います。

あなたなしでは、私は何もない

Sans toi, je ne suis rien(ソン トワ ジュ ヌ スイ リヤン)

強い思いは伝わりますが、少し重いフレーズになります。
ドラマなどでたまに耳にするケースがあります。

sans』は「~なしで」という意味で英語の「without」に当たります。
rien』は「何もない」で英語の「nothing」に当たります。

あなたは私をとても幸せにしてくれる

Tu me rends tellement heureux/heureuse(トゥ ム ゴンドゥ テルモン ウグー/ウグーズ)

相手に「一緒にいることができて幸せ」だと伝えたい時に使われます。

Tu me rends 〇〇」で、「あなたは私を〇〇にする」という意味です。
ここでは、「幸せにする」という意味で英語の「You make me happy」に当たります。

まとめ:フランス語で「愛してる」と気持ちを伝えてみよう!

フランス語の「愛してる」や「恋しい」の表現や「私も」などの返事など、恋人同士で使えるフレーズを幅広くご紹介しました。

フランス語は「愛の言語」としてもよく知られています。
フランス語と聞けば、ロマンチックな言語だという印象を持っている方は多いのではないでしょうか?

実際に心にすっと入ってくるような素敵な言葉がたくさんあります。

多様な表現を知っているとあらゆる気持ちをしっかりと伝えることができます。

これらのフレーズを一度に全部覚えるのは大変かもしれません。そのため、フランス映画を見たり定期的に本記事を見返したりしながら少しずつ覚えていってください。

ちなみにフランス語はどのように勉強していますか?それについては、以下の記事で『フランス語おすすめの勉強法完全版』を徹底解説しているので、参考にしてください。

フランス語の勉強法完全版【独学で中級に短期間で到達する方法】

続きを見る

今日も読んでくださりありがとうございます!

こちらの記事もよく読まれています!

-フランス語
-

© 2021 アジャノブログ