YOASOBI たぶん

Japanese music

【YOASOBI/たぶん】歌詞の意味を徹底解釈!埃の意味?

2020年7月22日

スポンサーリンク

疑問に思う人

YOASOBIの『たぶん』切ない!この曲に秘められたメッセージを知りたい!

そう思ったあなた!
この記事を読めばこの詩の魅力がさらにわかります!

オラ!アジャノです!
普段は音楽の記事を書いています。

今回は2020年7月にMVが公開されたYOASOBIの新曲『たぶん』に込められたメッセージを徹底解説&考察します!

歌は様々な解釈があった方が素敵なので、個人の解釈として参考までにお願いします!

YOASOBI『たぶん』が収録されたアルバム【THE BOOK】はこちら!

【YOASOBI/たぶん】歌詞の意味を徹底解釈!埃の意味?

基本情報ですが、YOASOBIは小説を元にした歌を書いています。

今回の小説はこちら ↓
『たぶん』(しなの著)

以下、小説のネタバレになるので先に読んでください!
3分ほどで読めると思います。


さて、「たぶん」ですがなぜこのタイトルになっているのか考えました。

この曲実は「たぶん」「きっと」などはっきり言わない表現が多く登場しています。

これはそうであってほしくない現実、つまり本音とは裏腹の気持ちに使われていることに気付きました。

それでは歌詞を詳しく見ていきます!

たぶん 1番

涙流すことすら無いまま
過ごした⽇々の痕⼀つも残さずに
さよならだ

たぶん/YOASOBI

解説:ここでいきなりクライマックスの様子が描かれているのに気付きましたか?
これは完全に私の予想ですが、「僕」が現実をまだ受け止められていないことを暗示しているのでないかと思いました。

そのため、「あ、、終わったのか」と呆然としている様子を表していると思いました。

そして、次から小説の最初の部分に戻ります。
まるで振り返っているかのように。

なぜショックを受けた主人公がこの出来事を受け入れることができたか考えました。
そのヒントは小説の最後の部分にありました。

「痕跡にとどめをさすのは、自分の役目のようだから。」

僕は「埃」という最後に残された痕跡にとどめをさすことができたのだと思いました。
「埃」がどんなものなのかはあとで説明します!

⼀⼈で迎えた朝に
鳴り響く誰かの⾳
⼆⼈で過ごした部屋で
⽬を閉じたまま考えてた

たぶん/YOASOBI

解説:ここから小説の最初の部分です。

騒がしい物音を立てているのが誰であるかは既にわかっています。

そこでもう一度会いたいと思う気持ちと、どんな顔でどんな言葉を言えばいいのかわからない気持ちがあります。
そのため、「誰か」は君であってほしいけど、君であってほしくないという複雑な気持ちの場面です。

悪いのは誰だ
分かんないよ
誰のせいでもない
たぶん

たぶん/YOASOBI

解説:僕と君が別れた原因は「誰」なのか

たぶんどっちのせいでもない

けど少し自信がないままでいます。
そしてサビに進みます。

僕らは何回だってきっと
そう何年だってきっと
さよならと共に終わるだけなんだ
仕⽅がないよきっと
「おかえり」
思わず零れた⾔葉は
違うな

たぶん/YOASOBI

解説:私達の関係は終わる運命だった。

しかし、これは本音でしょうか?
全ての部分に「きっと」が入っています。

これは、「きっとそう、でも違ってほしい」と願っているのではないでしょうか?
冒頭で言った本音とは裏腹の気持ちで使われている場面です。

そして「おかえり」
実はこれが本音でした。

無意識に出た言葉ですが、当たり前のように君が帰ってくるという気持ちが捨て切れない。
違うとわかっていても思わず出てしまった言葉なのではないでしょうか?

たぶん 2番~大サビ

⼀⼈で迎えた朝に
ふと想う誰かのこと
⼆⼈で過ごした⽇々の
当たり前がまだ残っている
悪いのは君だ
そうだっけ
悪いのは僕だ
たぶん

たぶん/YOASOBI

解説:おそらくこれは恐らく、君が出て行ってすぐの時を回想しているのではないかと思います。

その理由は「二人で過ごした日々の当たり前がまだ残っている」からです。

メモにはこう残されていました。
『たぶん、自分が悪い』

誰のせいでもないかもしれないし、僕が悪いのかもしれないし、2人とも悪いのかもしれない。

そのどれかはわからないけど、1つ確かなのは、
君だけが悪いわけじゃない」ということ。

これも⼤衆的恋愛でしょ
それは最終的な答えだよ
僕らだんだんとズレていったの
それもただよくある聴き慣れたストーリーだ
あんなに輝いていた⽇々にすら
埃は積もっていくんだ

たぶん/YOASOBI

解説:だんだんお互いに「違和感」を感じ始めて関係が終わっていく。
これはよくある恋愛のストーリーですよね。

でもそれは最終的な答えです。
つまり僕らは違うと思っていた。ずっと続くのだと信じていました。

僕たちの日々に埃が積もっていく。
古くなったものに埃はたまっていきますよね。

そのため、今とは関係ない過去のものになってしまう。

そして埃はきれいではない。
このことから、過去の大切な思い出が辛い思い出になってしまうことを暗示しているのではないかと感じました。

僕らは何回だってきっと
そう何年だってきっと
さよならに続く道を歩くんだ
仕⽅がないよきっと
「おかえり」
いつもの様に
零れ落ちた

たぶん/YOASOBI

解説:1番では「さよならと共に終わる」、2番では「さよならに続く道を歩く」
ということからも時間軸が違うことがわかりますよね。

『おかえり』
いつも「だった」幸せを求めて無意識に零れ落ちた言葉なのだと思います。

分かり合えないことなんてさ
幾らでもあるんだきっと
全てを許し合えるわけじゃないから
ただ、優しさの⽇々を
⾟い⽇々と感じてしまったのなら
戻れないから

僕らは何回だってきっと

たぶん/YOASOBI

解説:「幾ら」
ここで隠れikuraちゃんが出ていることに気付きましたでしょうか?笑

このように詞に遊び心があるのも素敵ですよね。

本題に戻ります!

ここが分かり合えない
それならやり直せますよね。
お互いの欠点を受け入れて少しずつ前へ進むことができます。

でも、
ただ、しんどい
これは疲れてしまったということ。
嫌いになったわけではなく、何か大きな喧嘩があったわけでもないのに、一緒にいることが辛くなってしまった

これをやり直すのは難しいかもしれません。

僕らは何回だってきっと
そう何年だってきっと
さよならと共に終わるだけなんだ
仕⽅がないよきっと
「おかえり」
思わず零れた⾔葉は
違うな

それでも何回だってきっと
そう何年だってきっと
始まりに戻ることが出来たなら
なんて、思ってしまうよ
「おかえり」
届かず零れた⾔葉に
笑った

少し冷えた朝だ

たぶん/YOASOBI

解説:「始まりに戻ることが出来たならなんて、思ってしまうよ
『きっと』が入っていません。
これが僕の本当の気持ちでした。

「届かず零れた言葉」
最後の場面で君が僕に合鍵を放り投げ、僕が落としてしまう場面がありますよね。
僕は君に「おかえり」が届かなかった。
君は僕に「合鍵」が届かなかった。

実は君も僕と同じ気持ちだったのではないか?と思ってしまいます。

少し冷えた朝
この物語、モヤっと終わっていますよね。
ハッピーエンドではないけど、完全に縁を切るような別れ方ではない。

だから「少し」冷えているのかなと思いました。

たぶん、胸が締めつけられる切ない曲

いかがでしたでしょうか?

完全に気持ちが消えたわけでもない。関係がすっきり終わったわけでもない。
でも痕跡にとどめをさそうとする僕

君もまた僕への気持ちは消えていない。
しかし、僕が苦しまずに前へ進めるように考えてくれたのだと思います。

お互いの届きそうで届かない気持ちが本当に切ないですね。

様々な解釈ができて本当に興味深い曲です。

YOASOBI『THE BOOK』はこちらから!

今日も読んでいただきありがとうございます!

スポンサーリンク

-Japanese music
-

© 2021 アジャノブログ