アラビア語

【アラビア語】数字一覧!読み方や表記の仕方は?右から書く?

スポンサーリンク

疑問に思う人

アラビア語の数字の読み方や書き方を知りたい!

こういった方向けです。
本記事では、アラビア語における数字の読み方や表記をどこよりも詳しく解説しました。

私はアラビア語、スペイン語、フランス語、英語を話します。様々な言語で数字を覚えてきたので、効率的に数字を学ぶ方法を熟知しています。
この言語経験をもとに紹介します。

【アラビア語】数字一覧!読み方や表記の仕方は?右から書く?

今回はこのような順番で紹介していきます。

本記事では数字を紹介するだけではなく、読み方や表記、そして効率の良い覚え方などもご紹介しています。
アラビア語は全て発音の補助記号付きでご紹介しています!

それではいきましょう!!

アラビア語の数字 0~10

まずは0~10までです!
思ったよりシンプルで、すぐ覚えられると思います。
全ての基本となるので、何度も声に出して読んで暗記しちゃいましょう。

読み方については、カタカナ表記では表現しきれない音もあるので参考程度にお願いします。

以下の表では、インド数字(アラビア語で使われる数字)も併記しています。
「インド数字って何!?」という方はひとまずスルーしていただいて大丈夫です!記事後半のアラビア語の数字表記についてで詳しく解説しています!

それでは、早速0~10までの数字を見ていきます!

数字アラビア語の数字アラビア語表記読み方
0٠صِفْرスィフル
1١وَاحِدワーヒドゥ
2٢اِثْنَانイスナーン
3٣ثَلَاثَةサラーサ
4٤أَرْبَعَةアルバァ
5٥خَمْسَةハムサ
6٦سِتَّةスィッタ
7٧سَبْعَةサブァア
8٨ثَمَانِيَةサマーニヤ
9٩تِسْعَةティサァ
10١٠عَشَرَةアシャラ

思ったほど難しくはないのではないでしょうか?
覚え方のコツについては、記事後半のアラビア語数字覚え方やわかりやすい解説動画にて紹介しています!

何回も繰り返して少しずつ覚えていってください。

アラビア語における数字の男性形・女性形について

アラビア語の数字では男性形と女性形があるのですが、そこを少し詳しく解説します!
なぜこれを知らなければいけないのかと言うと文章で数字が登場した際、男性形なのか女性形なのかで少し形が変わるからなんです。

とはいえ、ちょっと複雑な文法のお話になるので「あんまり余裕がないよ!」という方はとりあえず読み飛ばしていただいて大丈夫です!

それでは解説します。

アラビア語では男性名詞女性名詞というものがあります。これはフランス語など他の多くのヨーロッパの言語にもあるのですが、日本語や英語にはありません。
どういうものかと言うと、全ての名詞が性を持っているということです。

例えば、「男子学生(男性名詞)」は「طالب」、「女子学生(女性名詞)」は「طالبة」と書きます。同じ「学生」という名詞でも男性か女性かによって形が変わるというわけなんです。

疑問に思う人

男性名詞と女性名詞はどうやって区別するの?

女性名詞の最後についている「ة」。これは「ター・マルブータ」と言うのですが、これが付いていれば基本的に女性名詞と考えて問題ありません。(多少例外はあります)
ちなみに生き物ではなくても男性名詞・女性名詞の分類がされています。

ココがポイント

全ての名詞が男性名詞・女性名詞に分類される!(女性名詞は「ة」があるかどうかで区別)

なぜこのようなお話をしたのかと言うと、数字も例に漏れず性を持っているからなんです。

上の表では全て男性名詞の形で紹介しました。女性名詞にするのは「1~2」と「3~9」でやり方が異なります。
1と2では「ة(ター・マルブータ)」を文字の最後に加えます。例えば、1だと「وَاحِدَة」になるというわけです。
逆に3~9では最後の文字「ة(ター・マルブータ)」を省きます。例えば、3だと「ثَلَاث」となります。

疑問に思う人

普通なら「ة」を「加える」ことで女性名詞になるんじゃないの!?

そうなんです・・。ここが難しいところで、「3~9」が例外なんですよね。

なぜ逆なのかについては以下のようなルールがあるためです。

1と2では続く名詞が男性名詞の場合、数字も男性形で合わせます。例えば「1つの〇〇」と言う時に〇〇が男性名詞の場合は1も男性形ということです。これは通常の法則と言えます。

一方で、3~9では続く名詞が女性名詞の場合は数字は男性形になり、男性名詞の場合は数字が女性形となります。
つまり、続く名詞の性と逆にするのです!これは例外と言えます。難しい!

心配している人

んーーー・・。わかりそうでわからん・・。

長々と話しましたが、ここは細かい部分なので今全て理解できなくても全然大丈夫です。
とりあえず「数字には男性形と女性形がある」ということだけ覚えておいてください。

アラビア語の数字 11~19

続いては、11~19です!
20まではやはり日常会話においても特に多く登場するので、重点的に暗記するようにしてください!

2桁の数字は、『一の位 → 十の位』の順番で成り立ちます。

ココがポイント

2桁の数字は「一の位 → 十の位』の順番!

例えば、『15』を表現したい時は『5+10』つまり『عَشَرَة + خَمْسَة』になります。(左から右に読むことをお忘れなく)

それでは、十代の数字一覧です。

数字アラビア語の数字アラビア語表記読み方
11١١أَحَدَ عَشَرَアハダ アシャル
12١٢اِثْنَا عَشَرَイスナー アシャル
13١٣ثَلَاثَةَ عَشَرَサラーサ アシャル
14١٤أَرْبَعَةَ عَشَرَアルバァ アシャル
15١٥خَمْسَةَ عَشَرَハムサ アシャル
16١٦سِتَّةَ عَشَرَスィッタ アシャル
17١٧سَبْعَةَ عَشَرَサブァア アシャル
18١٨ثَمَانِيَةَ عَشَرَサマーニヤ アシャル
19١٩تِسْعَةَ عَشَرَティサァ アシャル

少しイレギュラーなのは「11」と「12」くらいですね。
これは仕組みを説明するとかなり複雑になってしまうので、とりあえず考えすぎずにそのまま暗記していってください。

アラビア語の数字 20~29

続いては20~29です!
ここからは基本的に十の位を覚えるだけで対応可能です!

先程、2桁の数字は、「十の位 → 一の位」の順番だとお話しました。それはここからもずっと同じです。

1つだけ注目したいのは、ここからの数字は「十の位」と「一の位」の間に新たに一文字入ります。それが「و(ワ)」という文字です。
つまり、以下の組み合わせで表すことができます。

ココがポイント

十の位 + و(ワ) + 一の位

و』は英語の「and」に当たります。

それでは20代の数字を見ていきます。

数字アラビア語の数字アラビア語表記読み方
20٢٠عِشْرُونَアシュルーン
21٢١وَاحِد و عِشْرُونَワーヒドゥ ワ アシュルーン
22٢٢اِثْنَان و عِشْرُونَイスナーン ワ アシュルーン
23٢٣ثَلَاثَة و عِشْرُونَサラーサ ワ アシュルーン
24٢٤أَرْبَعَة و عِشْرُونَアルバァ ワ アシュルーン
25٢٥خَمْسَة و عِشْرُونَハムサ ワ アシュルーン
26٢٦سِتَّة و عِشْرُونَスィッタ ワ アシュルーン
27٢٧سَبْعَة و عِشْرُونَサブァア ワ アシュルーン
28٢٨ثَمَانِيَة و عِشْرُونَサマーニヤ ワ アシュルーン
29٢٩تِسْعَة و عِشْرُونَティサァ ワ アシュルーン

アラビア語では「20」の表現が少し特殊です。
というのも、「10」の単語「عَشَرَ(アシャラ)」に「~ウーン(ون)」を付け加えて「عِشْرُونَ(アシュルーン)」と表現します。これは「200」や「2000」でも似たような現象が起こります。あとでまた触れます。

もう1の位は既に見ましたので、あとは十の位を覚えていくだけです!

アラビア語を始めてみようと思ったあなたへ

ところで、どの言語でもそうですが初心者の時は何から始めたらいいかわからないし、言語の全体像も掴めなくて不安ですよね。
大きな書店でいくつかアラビア語の本を読んでみたのですが、ニューエクスプレスという本が入門書にぴったりだと思いました。
実はニューエクスプレスは、言語マニアの中では定評のある良書です。

文字の読み方や発音のコツをCD付きでやさしく解説しており、練習問題を重ねて最後は短い読み物に挑戦するという形式です。
文法の基礎も丁寧かつ満遍なく解説されているので、とっかかりの一冊に最適だと思います。

アラビア語の数字 30~99

さて、ここからは一気にシンプルになります!というのも、ここまでに出てきた仕組みのままなので、簡単に覚えることが可能です。
もう難しい部分の峠は超えました!お疲れ様です。
30から99まで一気に見ていきます!

新しい単語としては、『30』『40』『50』『60』『70』『80』『90』の7つを覚えるだけで一気に99まで言えちゃいます。
それでは、まずは10の位を見ていきます!

数字アラビア語の数字アラビア語表記読み方
30٣٠ثَلَاثُونَサラースーン
40٤٠أَرْبَعُونَアルバァウーン
50٥٠خَمْسُونَハムスーン
60٦٠سِتُّونَスィットゥーン
70٧٠سَبْعُونَサバァウーン
80٨٠ثَمَانُونَサマーヌーン
90٩٠تِسْعُونَティサァウーン

全て「ウーン」で終わっていることに気付きましたか?

実は、「30~90」は、一の位の語尾を少し変えるだけなんです!新たに覚える必要はありません!
例えば、3は「ثَلَاثَة(サラーサ)」。この最後の文字である「ة」を「ون」に変えることで30である「ثَلَاثُونَ(サラースーン)」になります!

ココがポイント

一の位の最後の文字「ة」を「ون」に変えるだけ!

それでは、99まで全てを表にしたのでざっと見てください。
書くまでもないくらいシンプルですが、ピンポイントで綴りが知りたい時に便利かなと思ったので作りました。必要に応じてコピペしてOKです!

304050
30: ثَلَاثُونَ40: أَرْبَعُونَ50: خَمْسُونَ
31: وَاحِد و ثَلَاثُونَ41: وَاحِد و أَرْبَعُونَ51: وَاحِد و خَمْسُونَ
32: اِثْنَان و ثَلَاثُونَ42: اِثْنَان و أَرْبَعُونَ52: اِثْنَان و خَمْسُونَ
33: ثَلَاثَة و ثَلَاثُونَ43: ثَلَاثَة و أَرْبَعُونَ53: ثَلَاثَة و خَمْسُونَ
34: أَرْبَعَة و ثَلَاثُونَ44: أَرْبَعَة و أَرْبَعُونَ54: أَرْبَعَة و خَمْسُونَ
35: خَمْسَة و ثَلَاثُونَ45: خَمْسَة و أَرْبَعُونَ55: خَمْسَة و خَمْسُونَ
36: سِتَّة و ثَلَاثُونَ46: سِتَّة و أَرْبَعُونَ56: سِتَّة و خَمْسُونَ
37: سَبْعَة و ثَلَاثُونَ47: سَبْعَة و أَرْبَعُونَ57: سَبْعَة و خَمْسُونَ
38: ثَمَانِيَة و ثَلَاثُونَ48: ثَمَانِيَة و أَرْبَعُونَ58: ثَمَانِيَة و خَمْسُونَ
39: تِسْعَة و ثَلَاثُونَ49: تِسْعَة و أَرْبَعُونَ59: تِسْعَة و خَمْسُونَ
607080
60: سِتُّونَ70: سَبْعُونَ80: ثَمَانُونَ
61: وَاحِد و سِتُّونَ71: وَاحِد و سَبْعُونَ81: وَاحِد و ثَمَانُونَ
62: اِثْنَان و سِتُّونَ72: اِثْنَان و سَبْعُونَ82: اِثْنَان و ثَمَانُونَ
63: ثَلَاثَة و سِتُّونَ73: ثَلَاثَة و سَبْعُونَ83: ثَلَاثَة و ثَمَانُونَ
64: أَرْبَعَة و سِتُّونَ74: أَرْبَعَة و سَبْعُونَ84: أَرْبَعَة و ثَمَانُونَ
65: خَمْسَة و سِتُّونَ75: خَمْسَة و سَبْعُونَ85: خَمْسَة و ثَمَانُونَ
66: سِتَّة و سِتُّونَ76: سِتَّة و سَبْعُونَ86: سِتَّة و ثَمَانُونَ
67: سَبْعَة و سِتُّونَ77: سَبْعَة و سَبْعُونَ87: سَبْعَة و ثَمَانُونَ
68: ثَمَانِيَة و سِتُّونَ78: ثَمَانِيَة و سَبْعُونَ88: ثَمَانِيَة و ثَمَانُونَ
69: تِسْعَة و سِتُّونَ79: تِسْعَة و سَبْعُونَ89: تِسْعَة و ثَمَانُونَ
90
90: تِسْعُونَ
91: وَاحِد و تِسْعُونَ
92: اِثْنَان و تِسْعُونَ
93: ثَلَاثَة و تِسْعُونَ
94: أَرْبَعَة و تِسْعُونَ
95: خَمْسَة و تِسْعُونَ
96: سِتَّة و تِسْعُونَ
97: سَبْعَة و تِسْعُونَ
98: ثَمَانِيَة و تِسْعُونَ
99: تِسْعَة و تِسْعُونَ

遂に99まで来ました!!
ここからは大きい数字を簡単に見ていきます!ここまで来ればひとまず日常会話では問題ないので、ここからは少し肩の力を抜いて見てください。

アラビア語の数字 100~1,000,000

大きい数字になっても特に難しいことやイレギュラーなことはありません。

まずは、どのような数字になるのかざっと見てみます!

数字アラビア語の数字アラビア語表記読み方
100١٠٠مِئَةミア
200٢٠٠مِئتينミアティーン
300٣٠٠ثلاثْمِئةサラースミア
400٤٠٠أربَعمِئةアルバァミア
500٥٠٠خمْسمِئةハムスミア
600٦٠٠سِتمِئةシットゥミア
700٧٠٠سبعمِئةサバァミア
800٨٠٠ثَمانيمِئةサマーニーミア
900٩٠٠تِسعمِئةティサァミア
1,000’(千)١٠٠٠أَلفアルフ
2,000٢٠٠٠أَلفينアルフィーン
3,000٣٠٠٠ثلاثة أَلافサラーサタ アーラーフ
4,000٤٠٠٠أربَعة أَلافアルバァトゥ アーラーフ
5,000٥٠٠٠خمْسة أَلافハムサトゥ アーラーフ
10,000(万)١٠٠٠٠عَشَرَة أَلافアシャラトゥ アーラーフ
100,.000١٠٠٠٠٠مِئَة أَلفミアトゥ アリフ
1,000,000١٠٠٠٠٠٠مِليونミルユン

いきなり100万まで載っているので驚かれたかもしれません。

しかし、新たに出てくる単語は

新出単語

  1. مِئَة
  2. أَلف(複数形はأَلاف)
  3. مِليون

以上の3つのみです。

20の位でもお話しましたが、アラビア語では「20」「200」「2000」等の表現が少し特殊です。
それぞれ「10」「100」「1000」の単語に「ウーンون)」や「イーンين)」を付け加えて表現します。

これは一般的な名詞でも「2つの〇〇」というような時は同じような現象が起きます。

ちなみに、これまでずっと見てきたように2桁の数字に関しては「一の位」が先に来て「十の位」が後に来ますよね。つまり、2桁の数字は小さい順で並べました。
しかし、3桁以上の数字は大きい順に並べていきます。

例えば、100以上の数字では、「百の位」が先に来てその次に「一の位」、最後に「十の位」が来ます。ここでは2桁の数字はセットとして考えたほうがわかりやすいですね。
同じように、1000以上の数字では「千の位」が先頭、その次に「百の位」、そして最後に「2桁の数字」が来ます。

つまり、以下のような感じです。

ココがポイント

千の位 → 百の位→ 2桁の数字(一の位 → 十の位)という順番!

例によって、桁の間には「و(ワ)」が入ります。

いくつか例を見ていきます。

数字アラビア語の数字アラビア語表記読み方
1843١٨٤٣أَلف و ثَمانيمِئة و ثلاثة و أرْبَعونアルフ ワ サマーニーミア ワ サラーサ ワ アルバウーン
5217٥٢١٧خمْسة أَلاف و مِئتين و سَبعةَ عَشَرَハムサトゥ アーラーフ ワ ミアティーン ワ サブァアタ アシャル
9695٩٥٩٦تسعِة أَلاف و سِتمِئة و خمسة و
تِسْعون
ティサァタ アーラーフ ワ シットゥミア ワ ハムサ ワ ティサァウーン

数字の並べ方について理解していただけたでしょうか?
100万までご紹介しましたが、とりあえず2桁の数字をしっかり言えることができれば問題ありません!気負わずに少しずつ覚えていきましょう!!

アラビア語の数字表記について

さて、アラビア語の数字をどう表記するのかは皆さんも混乱するところではないかと思います。

結論から言いますと、アラビア語の数字は輸入されたものなので、左から右に書きます。(文字は右から左なので逆方向です)

アラビア語での数字は、私達が普段使っている数字とは異なります。

現在、アラビア語で広く用いられている数字は「東アラブ数字」と言うものです。元はインドから輸入したので、インド数字とも呼ばれています。
インドの数字は右から左に読むので、それをそのまま採用しているというわけです。

ちなみに私達が普段慣れ親しんでいる数え方「0123456789」をどう呼ぶか知っていますか?
その答えは・・・

西アラ数字

です!!

悩んでいる人

え・・ど、どういうこと・・!?ややこしい!!!

ややこしいですよね・・。わかります・・。

では、歴史を超ざっくりと解説します。肩の力を抜いてさらっと読んでください。

アラビアでは、インドから「ブラーフミー数字」というものを輸入しました。
これが全ての元になる数字です。このブラーフミー数字は、時を重ねていくうちに大きく3つの数字に派生していきます。

まず1つ目は、「デーバナーガリー数字」。これはインドを中心に今でも使われています。

2つ目は、「西アラブ数字(グバール数字)」。これが「0123456789」の元になった数字です。
「西アラブ数字」はヨーロッパに伝わります。そして時を経る過程で少しずつ形が変わっていき、最終的に私達の慣れ親しむ「0123456789」になりました。
この数字は、ヨーロッパの人から見るとアラビアから輸入したものですよね。そのため、シンプルに「アラビア数字」と呼ばれています。

そして3つ目が「東アラブ数字」。これがアラビア語で使われている数字です。インドから輸入したという歴史を踏まえて「インド数字」とも呼ばれています。(元を辿ると全てインド数字と呼べる気がするのは私だけでしょうか・・)

かなり複雑ですね。要点をまとめると以下のようになります。

ポイント

  • 大本は全て古代インドの「ブラーフミー数字」。そこから3つに分裂した。
  • 東アラブ数字・・・アラビア語で使われている数字。インド数字とも呼ばれる。
  • 西アラブ数字(グバール数字)・・・私達が普段慣れ親しむ0123456789。アラビア→ヨーロッパへ伝わって形が変わった、という歴史があるため、ヨーロッパではアラビア数字と呼ばれている。

ざっくりと概要をつかんでいただけたでしょうか?
とりあえずアラビア語で使われているのは「東アラブ数字(インド数字)」ということだけ理解していただければ大丈夫です!

お待たせしました!
それでは、このアラビア語の数字(インド数字)がどのような形をしているのか見ていきます!

0123456789
٠١٢٣٤٥٦٧٨٩

「0」「1」「9」は私達の使う数字とよく似ています。

ただ、いくつか間違えやすいところもありますね。
まず、インド数字の「6(٦)」が、「7」のような形をしています。そして、インド数字の「4(٤)」は「3」をひっくり返したような形をしています。さらに、インド数字の「5(٥)」は「0」のような形をしていますね・・。

このように、若干ややこしい部分もありますが、数字は慣れだと思います。
10パターンしかないので、毎日見ていれば自然と読めるようになっていきます!

なお、先程もお話したように、数字は左から右で書くため、2桁以上の数字についてはいつもの感覚で並べるだけです。
例えば、「645」は「٦٤٥」です。
「1867」は「١٨٦٧」です。

アラビア語数字覚え方の歌・解説動画

最後にアラビア語における数字の覚え方の歌・わかりやすい解説動画をご紹介します!

何事でもメロディーがあると、記憶が残りやすくなります。

今回、様々な歌の中から「聞きやすい!」と思ったものを選びました。数字の覚え歌は基本的に子供向けのものがほとんどですが、ここでご紹介するのは大人でも聞きやすいものなので大丈夫です!

さらに、アラビア語の数字を1つずつわかりやすく解説している親切な解説動画もご紹介します!

では、早速ご紹介します!

アラビア語数字:覚え方の歌

アラビア語数字の覚え方の歌はこちらです。

歌が異国情緒溢れていますよね。
アラブ音楽では、西洋音楽とは少し異なった音階で歌われるのでそのためです。

こちらは、ボーカルの方の歌声がきれいで、発音が聞き取りやすいと思います。

数字については、0から100までをリズムよく紹介しています。
3分ほどの長さなので、長さ的にも繰り返し聞きやすいかと思います。

これを何回か聞いているうちに、いつの間にか100まで言えるようになっていると思います。

アラビア語数字:わかりやすい解説動画

続いてはアラビア語数字のわかりやすい解説動画です。

みなさんは「Pod101」を聞いたことがありますか?

Pod101』は、様々な言語において学習者向けのポッドキャスト教材を出しているのですが、YouTubeにも多くの動画を出しています。
要点を抑えてわかりやすく解説してくれているので、言語学習者の方に本当におすすめです。

0から100までを綴り発音とともに詳しく解説してくれています。
さらに、1つの動画につき3分なので見やすいです。興味があったら他の動画を見てみることをおすすめします。

解説は英語ですが、中学レベルの英語で理解可能だと思います。

しっかりと1つ1つの数字の発音を聞くことができるので、じっくりと学習したい方に特におすすめです。

まとめ:アラビア語数字の読み方や表記を効率よく覚えよう!

アラビア語数字の表記や読み方、そして覚え方の歌について詳しくご紹介しました。

要点をまとめると以下になります。

まとめ

  • 2桁の数字は「一の位 → 十の位』の順番
  • 「30~90」の十の位は、一の位の最後の文字「ة」を「ون」に変えるだけ!
  • アラビア語の数字表記は左から右
  • アラビア語で使われているのは東アラブ数字(インド数字)と呼ばれている

アラビア語の数字はそこまで難しくはないので、2日ほど頑張ればスムーズに言えるようになるのではないかと思います。
ニュースなどにおいても数字はよく出てくるので、それが聞き取れるとモチベーションも上がります。

頑張ってアラビア語の数字を使いこなせるようになりましょう!!

ちなみに、「アラビア語の挨拶を知りたいけど、まとめているサイトがなかなか少なくて困っている!」ということはありませんか?それについては、こちらの記事でアラビア語の挨拶50選をシチュエーションごとに徹底解説しているので、参考にしてください。

おすすめ
アラビア語の挨拶50選!【こんにちはや自己紹介、カタカナの発音付】

続きを見る

今日も読んでくださりありがとうございます!

スポンサーリンク

-アラビア語

© 2021 アジャノブログ