Arabic

【アラビア語】ありがとうやこんにちはなど挨拶50選(自己紹介も)

2021年4月13日

スポンサーリンク

疑問に思う人

アラビア語の基本的な挨拶や自己紹介の仕方を知りたい!

こういった方向けです。
本記事では、アラビア語の挨拶や自己紹介などの基本フレーズを50個に厳選して例文とともに詳しく紹介しました。
完全網羅しているので、この記事を読むだけでアラビア語の基本的な表現はマスターすることができます!

私はアラビア語、英語、スペイン語、フランス語を勉強しており、どのようなフレーズが大切かは熟知しています。
この言語経験をもとにお話します。

【アラビア語】ありがとうやこんにちはなど挨拶50選(自己紹介も)

今回はこのようなテーマ別で解説していきます!

それではいきましょう!

基本的な挨拶

このセクションでは、どのような場面でも使える鉄板フレーズをご紹介します!
アラビア語は、右から左に読むことをお忘れなく。カタカナで読み方も表記しましたが、やはり日本語では表現しきれない単語も多いので参考程度にお願いします。

基本的な挨拶

「あなたに平安がありますように」
السلام عليكم(アッサラームアライクム)

「アッサラームアレイクムの返答」
وعليكم السلام(ワアライクム アッサラーム)

「やあ」
مرحبا(マルハバン)

「ようこそ」
أهلا وسهلا(アハラン ワサハラン)

「おはようございます」
صباح الخير(サバー アルハイール)

「おはようございます(返答)」
صباح النور(サバー アヌール)

「こんばんは」
مساء الخير(マサ アルハイール)

「こんばんは(返答)」
مساء النور(マサ アヌール)

疑問に思う人

「こんにちは」がないよ!

鋭いです!実はアラビア語では「こんにちは」に当たる表現がないのです。
これはなぜかというと、アラビア圏では朝、夕方、そして寝る時間しかありません。

そのため、「こんにちは」はこんばんはの表現で統一です。

マルハバン』は24時間いつでも使える便利な表現です。

また、『アッサラームアライクム』は有名ですね。イスラム教徒が会った時に必ず交わす挨拶で、イスラム教徒でない人も使えます。別れの挨拶としても使われますよ。
これに対する返答は『ワアライクム アッサラーム』です。「و」という接続詞を付けて語順を入れ替えます。

これらの挨拶は、返答が決まっていることが多いです。

初対面の挨拶・自己紹介

ここでは、初対面で使える自己紹介のフレーズを紹介します。
質問→答えという順で載せています!

初対面の挨拶・自己紹介

「はじめまして」
سررت بلقائك(スリルトゥ ビリクイカ)

「お名前は何と言いますか?」
ما إسمك؟(マー イスムック)

「私の名前はたかしです」
اسمي تاكاشي(イスミー タカシ)

「出身はどこですか?」
من أين أنت؟(ミン アイナ アントゥ)

「私は日本人です」
أنا ياباني(アナ ヤーバーニー)

「どこに住んでいますか?」
أين تسكن؟(アイナ タスクン)

「私は東京に住んでいます」
أنا أسكن في طوكيو「アナ アスクン フィ トーキョー」

「何歳ですか?」
كم عمرك؟「ケム ウムルック」

「20歳です」
عمري عشرين سنة(ウムリ アシュルーン サナ)

「私はビジネスマンとして働いています」
أعمل كرجل أعمال「アーマル カラジュル アーマル」

「私はアラビア語を1ヶ月勉強しています」
أدرس اللغة العربية منذ شهر「アドゥルス アルガタ ルアラビーヤ ムンドゥ シャハル)

ここでは以下の表現をご紹介しました。

ポイント

  • 名前
  • 出身地
  • 居住地
  • 年齢
  • 職業

これだけ伝えることができれば、相手はとても驚くと思います。

気付いた方も多いかもしれませんが私は『アナ』、あなたは『アントゥ』と表現します。
日本人は『ヤーバーニー』です。語源は定かではありませんが、英語の「ジャパーン」と似ていますね。

また、質問に答えたら、相手にも聞いてみましょう
同じ質問を聞き返す時は以下の表現を使ってください。

質問返し

「あなたは?」
وأنت؟(ワアントゥ)

とてもシンプルな万能表現です。
英語だと「And you?」に当たります。

これらのフレーズを使いこなせば、あなたはもうアラビア語で自分の自己紹介をできますし、相手にも聞けちゃいます!

お別れの挨拶

このセクションでは、お別れの挨拶を見ていきます!

お別れの挨拶

「さようなら」
مع السلامة(マアッサラーマ)

「またね」
إلى اللقاء(イラ リカ)

「おやすみ」
صبح على خير(トゥスビ アッラー ハイール)

マアッサラーマ』も有名なフレーズの1つですね。直訳では「安全とともに」という意味です。
相手の無事を祈るイスラム圏の思いやり溢れた表現の1つです。

ハイール』はおはよう、こんばんはでも出てきましたが、「良い」という意味です。

アラビア語を始めてみようと思ったあなたへ

ところで、どの言語でもそうですが初心者の時は何から始めたらいいかわからないし、言語の全体像も掴めなくて不安ですよね。
大きな書店でいくつかアラビア語の本を読んでみたのですが、ニューエクスプレスという本が入門書にぴったりだと思いました。
実はニューエクスプレスは、言語マニアの中では定評のある良書です。

文字の読み方や発音のコツをCD付きでやさしく解説しており、練習問題を重ねて最後は短い読み物に挑戦するという形式です。
文法の基礎も丁寧かつ満遍なく解説されているので、とっかかりの一冊に最適だと思います。

友達間の会話

続いては、主に友達との間のカジュアルな会話で超頻出のフレーズを厳選して紹介します!

友達間の会話

「元気ですか?」
كيف حالك؟(キーファ ハールック)

「私は元気です」
أنا بخير(アナ ビハイール)

「何しているの?」
ماذا تفعل؟(マーダ タファール)

「どこへ行くの?」
إلى أين تذهب؟(イラ アイナ タドゥハブ)

「どこへ行ったの?」
أين ذهبت؟(アイナ ダハブトゥ)

「英語話せる?」
هل تتحدث الانجليزية؟(ハル タタハッダス インジュリジーヤタ)

これらを覚えれば、アラビア語で日常会話ができちゃいます。

「はい」または「いいえ」で答えられる疑問文ではよく、文の先頭に『ハル』という言葉を付け加えます。

「どこ」は『アイナ』、「どのように」は『キーファ』、「何」は『マーダ』、「なぜ」は『リマーダ』です。(違う形を取ることもありますが、ひとまずこちらを覚えておいてください)

便利な返事フレーズ

このセクションでは、質問の答えや「ありがとう」などの超頻出の便利なフレーズを紹介します!
質問は答えがあって初めて言葉のキャッチボールになります。
短くて簡単なものが多いので、でぜひ覚えちゃいましょう!

便利な返事フレーズ

「はい」
نعم(ナアム)

「いいえ」
لا(ラ

「少しだけ」
قَليلاً(カリーラン)

「了解」
فهمت(ファヒムト)

「問題ないよ」
لا مشكلة(ラ ムシュキラ)

「とてもいいです」
جيد جدا(ジェイェダ ジェッダン)

「もちろん」
طبعا(タバアーン)

「いつも」
دائما(ダーイマン)

「たまに」
أحيانا(アヒヤーナン)

「たぶん」
رُبَّما(ルッバマー)

「大切」
مهم(モハム)

「ありがとう」
شكرا(シュクラン)

「どういたしまして」
عفوا(アーフワン)

「ごめんなさい」
أنا آسف(アナ アーシフ)

「お願いします」
من فضلك「ミン ファドゥリック」

シュクラン』などは聞いたことがある人も多いかと思います。
日本語ではいを表す『ナアム』は最も基本的な単語の1つですが、「ع(アイン)」というアラビア語の中でも発音がかなり難しい単語が入っています。

また、相手が何を言ったのか聞き取れないこともあると思います。
そんな時は以下のフレーズを活用してください。

見出し(全角15文字)

「わかりません」
لا أفهم(ラ アフハム)

「もう一度言ってください」
من فضلك قل مرة أخرى(ミン ファドゥリック クル マラッタン ウフラ)

ミン ファドゥリック』は先程も出てきた「お願いします」という表現です。
初心者の時は役立つ表現なのでぜひ覚えておきましょう。

イスラム教に関わる重要表現(アッラー)

アラビア語はイスラム教の共通語と言われるほど、深い結び付きがあります。
イスラム教徒は世界に約13億人いると言われており、公用語がアラビア語でない国でもアラビア語を少し話します。

この最後のセクションではムスリムの方々が毎日何度も使う超頻出フレーズをご紹介します。これらのフレーズはマレーシアなど、アラビア語圏でない人々も頻繁に使っています。

それはイスラム教の神アッラーにまつわる表現です。
それでは見ていきます。

イスラム教に関わる表現

アッラーに栄光あれ
الحمد لله(アルハムドゥ リッラー)

アッラーのご意思で(驚き・称賛)
ما شاء الله(マー シャッ アッラー)

アッラーがそれを望むならば
إن شاء الله(イン シャッ アッラー)

アッラーは偉大なり
الله أكبر(アッラー アクバル)

マッシャッラー(Mashallah)とインシャアッラー(Inshallah)は混同しやすいので、簡単に解説させていただきます。(イスラム圏では最頻出フレーズです)

マッシャッラー』はムスリム式の「WOW!」というようなニュアンスです。
誰かを褒める時や、驚いた時に使われます。
例えば、相手がビジネスなどで成功した時、マッシャッラーと言います。これを言うことにより嫉妬ではなく心から褒めているという敬意を表しています。


一方で、『インシャアッラー』は未来のことを指して「うまくいけば/もし可能ならば」というようなニュアンスになります。

例えば、ムスリムの方が「いつか日本に行きたい インシャアッラー」と言ったとします。
これは、もし神様が望むなら私は日本に行きたいというニュアンスですね。

なぜこのような表現をするのかと言うと、「全てのことは神様に計画されているので、もし本人が望んでも神様の意志と反していれば実現しなくても仕方ない」という思いが込められているためです。

アルハムドゥリッラー』は「元気ですか?」の返答としてもよく使われます。
「おかげさまで(神様のおかげで)元気です」というようなニュアンスです。

アッラーアクバル』はイスラム教のお祈りの言葉で最もよく聞く言葉でしょう。
中東に位置するイラクの国旗では以下のように「アッラーアクバル」の文字が書かれています。

このように今まで知らなかった異世界を知ることができるのがアラビア語の面白いところです。

まとめ:アラビア語の挨拶をマスターして自己紹介しよう!

いかがでしたか?

今回は、アラビア語の挨拶自己紹介として超頻出のものを50個に厳選して紹介しました。

イスラム教との関わりがとても深いのがアラビア語の大きな特徴ですね。
ムスリムの方々は本当に優しいので、これらのフレーズで自己紹介をしたらとても喜んでくれますし、すぐ友達になれると思います。

一度に覚えるのはもちろん難しいので、時々当記事を訪れて少しずつフレーズを覚えていっていただけたら幸いです
日常会話でも取り入れながらフレーズを自分のものにしていってください。

今アラビア語を学ぶべき理由』について詳しく解説しました!合わせてご覧ください!

おすすめ
イスラム教
アラビア語のメリット、今学ぶべき3つの理由【英語と同じくらい重要】

続きを見る

今日も読んでくださりありがとうございます!

スポンサーリンク

-Arabic

© 2021 アジャノブログ