ジョージア 移住

旅行

【海外移住】ジョージアどんな国?費用は安い?ビザは?英語は通じる?

2020年4月24日

スポンサーリンク

オラ!アジャノです!
今回は

疑問に思う人

いつか海外に移住してみたいけど、できるだけ高くないところがいい!
暮らしやすいところに移住したい!

という方!
そのような方に最近移住先として人気が出始めているジョージアを、英語のサイトなどを多く使って本当におすすめできるか詳しく調べてみました。
この記事を読めば、ジョージアの全体像が見えてきます!

海外旅行に興味のある方はこちらもぜひご覧ください!
【海外旅行】おすすめYoutube(行けなくても楽しめる)

それではいきましょう!

【海外移住】ジョージアどんな国?費用は安い?ビザは?英語は通じる?

ジョージア 自然

ジョージアの基本情報(位置、言語、宗教など)

まず、ジョージアの位置から紹介します!
ここです ↓

なんとヨーロッパとアジアの間にあります!
ジョージアは、日本では2015年の法改正まではグルジアとも呼ばれていましたのでその名前で親しんでいる方も多いかもしれません。

民族構成ではジョージア人がほとんどを占めており、人口の7割がグルジア語を話します。ついでロシア語を話します。

そして、宗教はキリスト教ジョージア正教会が大半を占めています。
ジョージアはワインの名産地としても知られており、水よりも安かったりするそうです笑

それではジョージアへ移住するメリットデメリットをまとめたので見ていきましょう!

ジョージア 移住

ジョージア移住のメリット

物価が安い

ジョージアは物価が圧倒的に安いと言われています。
5万あれば余裕を持って暮らせると言われています!
Cost of living in Georgia によると、ジョージアの生活費は日本より、68.02%低いと書かれています。
ということは、おそらく日本の都会と比べると4分の1、日本の田舎と比べると半分くらいの値段で生活できるということでしょう。驚きですね!!

しかし、それは日本と同じ生活水準にした場合で、ヨーロッパ旅行などにたくさん行ったら日本より高くなったりもするので気をつけてくださいね!

ビザ無しで1年間滞在できる

これがジョージアが人気な理由の1つですね。
日本を含む多くの国がビザ無しで1年間も滞在できてしまいます
通常の国は3ヶ月までとかですし、ビザ無しでは入国できない国もあるのに1年間はすごいですよね。
そのため「試しに半年生活してみる」なんてこともできちゃいます!

ご飯が美味しい

ジョージアはご飯の美味しさでも有名です!
シルクロードの時代、ジョージアは新しい調味料や調理法をどんどん受け入れて、自分たちのスタイルを確立したそう。そして現在のジョージア料理は地中海料理と中東料理の両方の良さを持ち合わせています。Supraと呼ばれるジョージアの伝統的な宴会を通してその食文化が守られてきました。

地中海料理の要素も中東料理の要素も取り入れているジョージア料理・・。とても興味がわきますよね。
実際にジョージアに行った日本人も口を揃えて絶賛していたので、日本人の舌にも合うのだと思います。

免税が可能な地域がある

首都トリビシやその他2つの地域ではFIZ(Free Industrial Zones)と呼ばれる法人税や付加価値税の免税を受けられる場所があります。

ジョージアの税制は外国人に対する待遇が手厚いため、向こうで事業をする人にはもってこいの場所と言われています。
しかし、細かい規則もあるので気になった方は専門家に相談した方がよいでしょう。

ヨーロッパにもアジアへも旅行しやすい

これも大きいメリットだと思います。
トルコなどの西アジア諸国にすぐ行ける一方で、ヨーロッパ旅行にも格安で行けてしまうという最高の立地です。

緊急の用事で、日本へ帰るときでもヨーロッパと比べたら比較的早く帰国することができます。

壮大な自然

ジョージアは豊かな大自然に溢れています

なんと国土の5割以上が山地なのです。
大きな山々が連なっており、スイスにも近いような荘厳な自然に圧倒されます。
またカズベギ村と呼べれる村にあるツミンダ・サメバ教会はその標高の高さから「限りなく天国に近い教会」と言われています。

ジョージア 自然

ジョージア移住のデメリット

ローカルでは英語が通じない

ホテルや銀行などでは英語が通じるみたいなのですが、地元の一般の方と英語で話すのはなかなか難しいようです。おそらく英語レベルは日本と同じくらいですね。

しかし、2010年に政府が何千人もの英語ネイティブスピーカーを採用し、1つの村に少なくとも1人の英語教師を置くという政策をはじめ、かなり力を入れて進めているので、これから話せる人が一気に多くなるかもしれません。

経済が不安定

ジョージアは、国のGDP、一人あたりのGDPどちらとも高いとは言えません。
そのため起業へのサポートは手厚いですが、そのまま安定して事業を続けられるかというとわかりせん。通貨のジョージア・ラリ(GEL)もあまり強い通貨ではないです。

近年は改善されてきているのですが、失業率の高さでも話題になっていました

政治が不安定

ここが最も怖い部分かもしれません。
ロシアとの関係が非常に悪く、国土の2割がロシアに支配されています
ジョージアは歩み寄りを見せているのですが、ロシアは断固としてそれを許さないという姿勢で軍事侵略をしてくることも最悪の場合考えられます。

とはいえ、日本も現在北朝鮮や中国との関係や自然災害の恐怖があるので、どちらが安全というのは一概に言えません。

まとめ:ジョージアへまず旅行へ行ってから移住を決めるべき

いかがでしたでしょうか。
移住先は簡単に選んでいいものではないので、ちゃんとその国の法律や文化を調べた上で、まずは旅行に行ってみてちょっと長めに滞在し、雰囲気を味わうことをおすすめします。いきなり移住はリスクが高すぎますので。

ではメリット・デメリットをまとめておきます。
メリット
①物価が安い
②ビザ無しで1年間滞在できる
③ご飯が美味しい
④免税が可能な地域がある
⑤ヨーロッパへもアジアへも旅行しやすい


デメリット
①ローカルでは英語が通じない
②経済が不安定
③政治が不安定


移住の検討の際の参考になれば幸いです!
それでは最高のジョージアライフを!

こちらの記事もよく読まれています!

-旅行
-

© 2021 アジャノブログ